2011年02月26日

松本人志さん、写真週刊誌「FLASH」に損害賠償訴訟

タレントの松本人志が「FLASH」の発行元の光文社などに、
1100万円の損害賠償と謝罪訂正記事の掲載を求める訴訟を
東京地裁に起こしていたことを読売新聞が報じた。
提訴は1月7日付。

以下引用
問題となったのは、同誌2010年9月7日号に掲載された記事。左股関節に痛みを感じて
休養していた松本さんが、同年8月に仕事復帰した当日、東京・新宿で夜遊びしていた、
などと報じた。松本さん側は「仕事の打ち合わせが終わって帰るところで、極めてずさんな
記事で読者に無節操という印象を与えた」と主張している。

光文社の話「係争中なのでコメントは差し控える」
(読売新聞)

・・・としてある。

これまでに松本は写真週刊誌フラッシュに自分がアダルトビデオを購入したところや、
購入したビデオの種類までも挙げられ、
プライバシーの侵害と判断し、賠償額90万円で勝訴した(2006年)というのがあり、今回で2回目。
前回はビデオ店の防犯カメラの映像から転載したものであったため、
「防犯カメラのビデオ映像からの写真転用は訴えられるほどの悪事である」という主張が認められた。

事実でないから訴えるのか、真実ならば訴えないのか松本の考えはわからないが、
今回は家族もあり、周りにかかる迷惑も考え、たまりにたまったものが爆発したのかもしれない。
posted by パパラッちゃん at 11:35| Comment(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。